NEWS

「太陽礼拝」の意味?

2020.03.10

「太陽礼拝」

サンスクリット語では「スーリヤ・ナマスカーラ」

といいます!(^^)!

 

直訳すると「太陽の神様への挨拶・礼拝」。

私たちがこうして毎日を幸せに生きていられるのも、

「太陽」からの恵があってこそ!

そんな大きな幸せを恵んでくれる「太陽」へ

身体をダイナミックに使って感謝を現します。

 

本来は太陽の昇る前に、太陽が昇る方向を向いて、

「今日もよろしくお願いします」という意味を込めて

起こなわれます。

 

 

大きな一連の動き(シークエンス)は全身をくまなく使います。

一連の動きを”呼吸”とともに流れるように行うことで、

身体の全面・背面・腕・脚など 全身に刺激を与え、

強さと柔軟性を作り上げてくれます。

 

太陽礼拝の一連の動きを身体が記憶すれば、

あとは呼吸に意識をもっていくだけなので、

自然と瞑想状態へと入っていけるのです。

 

 

1日の始まりに太陽礼拝を行うことで、

太陽のエネルギーを得られ、

活力に満ちた1日を送る事ができますよっ!(^^)!